業務提携のご報告

この度、マルキチ阿部商店は株式会社鮮冷 (本社:宮城県牡鹿郡女川町、代表取締役社長:石森洋悦、以下 鮮冷)は、業務提携に向けての合意に達し、4/28に調印式を行いましたことをご報告いたします。

業務提携において、具体的な取り組みとして検討されているのは以下の5点です。

1. 販路の共有
2. 設備の共有
3. ノウハウの共有
4. 人的リソースの共有
5. 原材料の融通 

設備共有や原材料融通などで互いの製造効率を上げて利益体質を強化し、営業面では海外やギフトなどそれぞれ新しい販路への製品流通を図ります。また、互いの強みを活かすことで、これまで実現できなかった新製品の開発も検討を進めていきます。

今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますよう、何卒よろしくお願いいたします。

■株式会社鮮冷について

東日本大震災後の2013年、株式会社石森商店と株式会社岡清を中心とした複数の水産業者により共同設立。鮮魚の冷蔵冷凍技術や販売実績・加工技術などそれぞれの強みを活かして、より豊かな付加価値を持った商品の提供に取り組んでいます。また、工場には世界初のCAS凍結トンネルフリーザーを導入しFSSC22000認証を取得。海外にも積極的に販路拡大を進めています。

【商品例】
・鮮冷CAS FRESHシリーズ(業務用CAS凍結食材)
・魚やの煮付けシリーズ(小売用常温惣菜)
・岡清魚屋シリーズ (たこのやわらか煮・女川アヒージョなど加工品)

https://www.onagawa-senrei.co.jp/